MIU404

TBSドラマ「MIU404」10話【Not found】あらすじ&ネタバレ

視聴率毎回10%超の大人気TBSドラマ「MIU404」(時間:毎週金曜日22時00分~)ですが、あっという間に大詰め!です😂

ラストまで秒読み~~~💦

ドラマ放送開始前からめちゃくちゃ話題になっている「MIU404」、このドラマは約2年ぶりのTBSドラマ出演となる綾野剛さん星野源さんのW主演!

さらには大ヒットドラマ「逃げ恥」や「アンナチュラル」の脚本家・野木亜紀子さんによる
オリジナル脚本✨

まさに、まさに一話完結型のノンストップ「機捜」エンターテインメントドラマでした

警視庁“機動捜査隊”(通称:機捜)で綾野さんと星野さんがバディを組んで24時間というタイムリミットの中で犯人逮捕にすべてを懸け動いていきます!

「唯一の武器は機動力。誰よりも早く、犯人を追え!」

非常にスピーディな展開の予想されるこのドラマ、とても期待しています!

さて、今回はその最終回のあらすじについて一緒に見ていきましょう!

これまでのあらすじまとめなど、どんどんご紹介していきますね♪

こちらもあわせてご覧ください↓↓↓

 

また、この記事は【ネタバレ】を含んだ内容となっていますので、見たくない方はここまでにしてください。

 

\TBS作品楽しむなら(31日間無料トライアル中)こちら!/

【TBSドラマ見逃し配信】はU-NEXTで!

U-NEXT

※TBSオンデマンド・TVerでは、注目番組の最新話を無料配信中!見逃した方も放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

Paraviでは「MIU404」をまとめてイッキ見できます!新規登録で14日間会費無料でお得です!!

 

もくじ
  1. 「MIU404」10話のあらすじネタバレ!
  2. 華子の感想
  3. 「MIU404」前回 9話・或る一人の死 のあらすじ
  4. 「MIU404」11話最終回・【 】の予想・展開
  5. さいごに

「MIU404」10話のあらすじネタバレ!

ドローンを飛ばし、エトリが移送される車両を爆破した久住

爆破によりエトリが死亡、ニュースで報じられていた。

そのニュースを見ながら「隠ぺいかよ…」とつぶやくREC。

と、そこへ「浜田」と名乗る人物からメールが届く。

成川が逮捕されてしまったため直接連絡したとの内容。

エトリが死亡した爆発事故についての情報が…との文面に心が躍るREC。

そのメールに添付されていた「取扱注意」のファイルを開けてみると…。

その頃芝浦署では

伊吹志摩が爆破事故についての情報共有を他のメンバーと行っていた。

・使用された爆弾はC4レベルの高性能爆弾の可能性が高い
・エトリは死亡
・同乗していた1機捜捜査員2名が全治2週間、1名は火傷がひどく重体

「犯人の野郎~…」と苛立ちを隠さない伊吹。

またエトリの死因について志摩中心に情報を共有。

・爆発による爆風をくらったことによる肺挫傷
・目と鼻に整形した形跡あり
・DNA鑑定の結果エトリの正体は「鴻上 悟(コウガミ サトル)」
・エトリは過去の殺人事件の容疑者だった
・その事件の際に任意同行をしようとしたが投身自殺をはかっていた
・遺留品の状況から死亡扱いとされていた
・自殺を装い整形をして裏の世界で生きていた

桔梗は「問題は誰がエトリを殺したのか?」と言う。

・エトリのネクタイピンからGPSが発見された
・ドローンはそれを追跡
・エトリの側近によるとエトリは毎回誰かの指示で動いていたとのこと

糸巻が「当時の鴻上の捜査資料から興味深いものを発見した」と共有。

・鴻上が姿を消す直前に「おもしろい若者に出会った」と周囲に漏らしていた
・その男は仮想通貨の知識が豊富
・以前は大手のシステム開発会社に在籍していた
・その男が「自分が開発に関わったあらゆるシステムにバックドアを仕掛けた」と言っていた

※バックドア…システムの裏口。

一度バックドアを開発時につけてしまえば見つけ出すことはほぼ不可能で情報も引き出し放題できてしまう…。

その若い男がエトリを使って動いていた…?

志摩は「久住…?」と漏らす。

聞いていたメンバーは一瞬止まり、伊吹はそれを聞いて「それ、志摩のカン?」と返す。

発言を撤回しようとする志摩だったが、桔梗が「それ誰なの?」と聞く。

久住についての説明を九重が続ける。
・ドーナツEPの売人
・関西弁で20代の男性
・池袋のクラブの元常連
・現在地不明
・写真もぼやけたものが1枚のみ

桔梗はその写真を見ながら
・池袋は辰井組のシマ
・エトリは辰江組のダンベだったから可能性はある

そこまで聞いた伊吹は「久住を捕まえに行こうぜ!」と動きだそうとする。

それを制止する志摩。

「久住は参考人、(所在不明で)どこに捕まえに行くんだ?」と言うと伊吹は「池袋周辺?」と返す。

桔梗は2人にケンカするなと言い、陣馬はそもそも4機捜に応援要請は来てない(=動けない)と言う。

じゃあどうするんだとふてくされかけた伊吹に志摩は「切り札」を持ち出す。

「久住と会った人物…」という志摩に九重が反応。

成川岳は久住と直接会っている…!

成川の虚偽通報の偽計業務妨害罪については今日中に4機捜が取り調べする手はずになっていた…。ということで久住の話についても聞くことが出来る!

「いいね~」とニヤつく伊吹。

桔梗は陣馬九重に成川への取調を依頼し、伊吹志摩には裏付け捜査を行うよう指示、糸巻へもバックアップをお願いする。

桔梗はメンバーが休みなしになってしまうことを心配していたが、全員やる気満々。

某所の橋の上でなにかを川へ投げ込んでいる久住

何やらスマホのSIMカードらしきものをぽいぽいと川へ投げ込む久住。

その手の先には1羽の蝶々が…。

手を伸ばしてそれを捕まえようとするが、逃げられてしまう…。

と、その蝶々にはカメラ?が仕掛けられていた…?

成川から事情を聴く九重陣馬

成川曰く、
・久住はエトリを昔から知っているようだった
・自分が警察から逃げている時に陸上部の先輩にメールをしたら先輩の代わりに久住がやってきた
・住む場所や新しいスマホも支給してくれた
・人脈つくって金稼げば生きていけると言われた
・いつも池袋のシェアオフィス「Co-W∞SPACE」で会っていた

池袋のシェアオフィス「Co-W∞SPACE」へ向かう伊吹志摩

警察として話を聞きに行く2人だったが、店員は久住はレンタルロッカーの中の荷物を片付け「当分来ない」と言っていた…とのこと。

志摩はそのロッカーを確認させてほしいと言う。

伊吹はその店員のにおいをかいで「お前やってんな?」と言う。

瞬時に店員のスキをついてドーナツEPを発見する志摩。

その店員の腕には注射器の跡が多数…。

伊吹はがっくり頭を落としつつも「お前シャブもやってんのか?」と尋問する。

ニヤつきながらうなずく店員。

そのまま連行していく…。

ふたたび成川から話を聴く九重

成川もドーナツEPを使用していたのか?という問いに成川は、「飲みました…一度…。」と…。

成川は自分たち陸上部がつぶされたのもドーナツEPなので、抵抗がありそれからはやっていないと話す。

伊吹と志摩はドーナツEPをやっているやつ全員検挙を決行

店員を始め、そのシェアオフィス内でドーナツEPをやっている人間すべてを一斉検挙に乗り出す2人。

伊吹は「ドーナツEP持ってる奴、全員出せ!」と怒鳴る。

さらに「今すぐ出頭し病院へ行くんだ!お前らが気楽にやっているドラッグは安いんだよ!売ってもちっとも儲かんねー!」と怒鳴る!

「それでもやるのは覚せい剤への入り口だからだ!そっちで儲けるんだよ!バックには必ず暴力団がいる…お前ら一人一人一人中毒にして、金も人生も全部しゃぶりつくすんだぞ!!!」と怒鳴りまくる伊吹。

その横で、1人の若者が席を立ちスマホで何やら連絡を取ろうとしているのを志摩は見逃さなかった。

連絡先には「クズミ」とある。若者からスマホを取り上げ、電話をかける志摩。しかし「現在使われておりません…」のアナウンスが…。

志摩は若者にスマホを返しほかの連絡手段はあるのか?と聞くが、昨日から繋がらないとのこと。

それを聞いてその場にいたほかの若者へ久住の連絡先を知っている人がいないか確認する志摩。しかし皆一様に昨日から連絡が取れなくなっていた。

貸金庫から何やら取り出す久住

久住は貸金庫から別のSIMカードを取り出していた。それを自分のスマホに付け替えていた。

成川の証言つづき

成川は九重陣馬に対して、
・久住は大阪の天王寺出身だと言っていた
・「そこが原点だ」と言っていた
・母親と二人暮らし
・今でも自分たちの住んでいた湿った部屋のにおいが忘れられない
・母親は最後ゴミのように死んでいった

シェアオフィスにて事情を聴く伊吹志摩

他の捜査員が到着し事情を聴く傍らで、受付にいた男性スタッフから久住についての情報を聞き出す伊吹と志摩。

・自分の父親がひどかったという話をしたら、(久住も)自分もそうだったと言っていた
・父親と二人きりで育った
・母親は顔も知らない

またほかの若者には
・いつも1人でパソコンが友達だと言っていた
・自分も中学生のころからパソコンを自作していてその話を久住から聞いて意気投合した
・自分が浪人生で勉強が大変だと言うのを覚えていて、ドーナツEPを渡してきて気晴らしで使え内緒だぞと言われた

…それらの話を総合しながら、伊吹と志摩は考え込む。

伊吹は、久住はいったい何なんだ?と天井を見上げる。

志摩は、久住はメフィストフェレス(=甘い言葉で人間の魂を奪う悪魔)かもな…とつぶやく。

伊吹はそれを聞いて「うじぃよ(うぜえ)、なに語?メケメケフェレットって?」と返す…。

メケメケフェレット久住…ドローン爆弾、殺人、殺人未遂3人てだけでヤクマンなのに、見えてない被害者がもっともっといるな…と2人。

その頃久住は

笑顔で何やらキーを持ち「どうも~」とフロントへ笑顔で声をかけ出ていった久住…。

そこへ「あれ?ゴミ君?久しぶり」と男性から声をかけられる。なにやら適当に返事をして笑顔でその場を去っていく。

ここではまた別の名前で知られているようだった…。

桔梗と糸巻はその頃

シェアオフィスの近くに防犯カメラが無く、カメラの確認範囲を広げるとなると時間がかかるけど…と糸巻に話しかけるも、糸巻は何やら画面に見入っていた。

聞いてる?との桔梗の声に、「隊長…これ…」と自分が見ている画面を指さす糸巻。

それはRECによるエトリ爆破殺害事件の動画だった…。

RECはこの事件について
・爆破事件によって警察に消された人物とは?
・死亡者は氏名不詳とされているが警察は何故隠すのか?
・謎を解くカギは女詐欺師「М」として羽野麦の目隠し写真が晒されていた
・Mは警察幹部の身内で犯罪の事実ももみ消されてきた
・この女詐欺師を追っていたのが死亡した氏名不詳の男(=エトリ)
・使用されたC4爆弾は過去に警察が暴力団事務所から押収したもの
・爆発死亡事故の真相は警察の悪事を隠ぺいするための警察による自作自演
・それを裏付けるのが緑の車両(=まるごとメロンパン号)で現場にもきていて証拠隠滅に関わった
・目隠しされた伊吹の写真も出して、今年REC自身が遭遇している
・謎の4機捜、自分が調べだした途端「404エラー」になった
・4機捜は警察の悪事を隠すための秘密部隊である
ということを喜々とし動画配信していた…。

それを見て驚き目を丸くする桔梗…

その頃久住は某所のロッカー「0005」から何やら取り出して鍵をかけていた…。

REC自宅

RECは当該の動画が最速で50万viewを獲得し満足気…。

と、そこへインターフォンが鳴る。

出てみると伊吹と志摩だった。

伊吹と志摩になぜこんな嘘動画を流すのだ?と問われたRECは、真実に基づいて動画を作っていると主張。

「いやいやいやどこが?あんたの言う真実って何?」と反論する伊吹。

志摩はSNS上に羽野麦とゆたかの写真をあげたのはRECか?と問うと、もう削除済みであると返すREC。

「お前が削除してもスクショが拡散されてんだよ!!!」と怒り心頭の伊吹に対しRECは「だってその人詐欺師でしょ?」と返す。

お互いに証拠はあるのか?とにらみ合う伊吹とREC。REC自身も羽野麦が詐欺師であるという明確な証拠は持ち合わせていない模様。

そんなRECに対して、情報源として連絡してきた「浜田」という男は存在せず久住であると話す伊吹と志摩。

RECは「え?」という顔。

志摩はRECへ
・浜田と名乗る男=久住はドーナツEPの売人で間接的に暴力団とも関わっている
・自分たち警察は爆弾を落とした犯人が久住だと考えている
と話す。

それを聞いて「まさか…」という反応のREC。

に、対し伊吹は、「お前さぁ俺より頭いいんだろ?だったら考えろよ!警察が誰か殺すならなんかほかにやりようがあんだろ。目立たないようばれないようにさぁ…(RECは)俺よりバカ!」と言う。

志摩はRECに対して
・あなたは点と点を強引に結び付けて話を作り上げているだけだ
・自分が騙されているかもしれないと想像したことはあるか?
・相手のことをどれだけ知っている?
・相手は信用に値する人間か?
と聞く。

RECは黙って聞いていて次第に戸惑いの表情へと変わっていく…。

しかし、そこへ機捜本部から「404至急戻れ」と言う指示連絡が伊吹志摩に入る。

「404…」とつぶやくRECに対して、伊吹は去り際に
・404は俺たちのコールネーム
・俺たちはやましいことは何もない
・ただの機捜の臨時部隊
と言い、志摩は情報があったら連絡をくれと連絡先を渡す。

戻るとそこはバタバタな展開になっていた

伊吹と志摩が戻ると、陣馬と糸巻が待っていた。

例の動画(=RECのあげた動画)関連でマスコミが警察官舎に来るかもしれず、羽野麦とゆたかを西武蔵野市の自宅まで送ってほしいと桔梗からの指示を言い渡される。

桔梗は本庁へ行っていて釈明に追われているとのこと。

何人かのインフルエンサーがネタを投下した…と糸巻。

糸巻が見せるSNS上にはREC動画をきっかけに「女詐欺師Mの身内は1機捜隊長の桔梗ゆずる」と書かれておりネット上は陰謀論で炎上しているとのことだった。

納得いかない伊吹に、糸巻は「警察を敵に回すと(SNSは)盛り上がる」と言う。

志摩は
・何を言っても反論しない相手は叩きやすい
・みんな誰かを裁きたくて仕方ない
とため息交じり。

…と伊吹がその場に九重がいないことに気付く。

陣馬は「九重は…機捜じゃあなくなった。」と言う…。

どういうことなのか…?

九重は桔梗のもとへ

駐車場にて桔梗を待つ九重。まもなく桔梗が通りがかる。

「隊長!」と言い駆け寄る九重。

自分を警察庁へ戻すとはどういうことなのか?と桔梗に問うと、上の指示であるとの返答。

「キャリアに傷がつくことを心配されている」と言う桔梗に対し九重は「父の指示ですか…?」と聞こうとするも、マスコミが割り込んできてしまい桔梗から「早くここから出なさい!」と言われてしまう。

桔梗は寄ってきたマスコミを引き連れてどこかへ行ってしまう。

呆然と立ち尽くす九重…。

警察官舎では

荷物をまとめた羽野麦とゆたか。

「おれいかない」とゆたかは不服そう。

「お母さんを待ってる、俺とハムちゃん行ってしまったら母ちゃんが帰ってきたらひとりだもん」と主張するゆたかに対して志摩は「大人はひとりでも平気なの」と言うがゆたかは「やだ!(帰ってきた桔梗が)ひとりは嫌だ!」と言うことを聞かない。

・・・と伊吹はハムちゃんと顔を見合わせつつ何かを考えて「はっ!」とつぶやく。

「は?」と志摩

記者の取材に応じる桔梗

桔梗はREC動画とSNSの炎上を見て駆けつけた取材陣に対応していた。

・当該女性が詐欺を行った事実は一切ない
・私は親戚ではない
・4機捜は働き方改革に伴う人手不足解消のために一時的に設置した部署のため公表していなかった

取材者から公式ページを削除した理由を問われ
・削除していない
・たまたまその日にアクセスが集中した
・404NotFound存在しないページとエラーメッセージが出た
・翌日には復旧した
と釈明。

糸巻はその会見の様子を見ながら「あ!!」と声をあげた。

桔梗の釈明に対し取材者は
・アクセスが集中したときは「503エラー」が出るはず
・何故嘘をつくのか?
とツッコミを入れていた。

「え?」と戸惑う桔梗…。

糸巻によると
・サイトの仕様でトラブルが出たときに転送されるページがあるが、そのファイルが出なくて結果的に404エラーになってしまった…ということを簡略化して隊長に伝えてしまった
とのこと。

詰め寄る取材陣に対し桔梗は
・いずれにしてもエラーになったのは単なる偶然
・何でもかんでも結び付けて陰謀にしないでくれ
と返す。

ネット上では
・嘘つき
・キレたw
・ごまかし
・クロだな
などという言葉が蔓延する…。

取材者たちもさらに突っ込もうとしてくるのを部下が制止し取材を打ち切ることに…。

その頃RECは

ネット上の言葉を眺めながら、「自分も真実を見極めたいです」という言葉に反応していた。

SNS上で、桔梗隊長フルボッコ状態

「この顔、怖いw 育児放棄してそう」
「美人隊長、シンママだった」
などと桔梗を叩く発言であふれかえっていた…。

桔梗のもともとの自宅に戻るハムちゃんとゆたか

伊吹付き添いの元、桔梗の自宅へと戻ったハムちゃんとゆたか。

伊吹は陣馬に連絡し、「今日の業務終了だって」とゆたかに声をかける。

ゆたかは「やった!泊まれるね!」と嬉しそう。

伊吹はそんなゆたかを肩車しながら「なんだ?今日はわがまま祭りか?」と笑顔。

羽野麦は桔梗の様子を心配して「大丈夫かなぁ」と伊吹に聞く。

「私が一緒に暮らしてたせいで…」という麦に伊吹は「それはない。ハムちゃんのせいじゃない。」ときっぱり。

麦もそれを聞いて思い直し「ごめん、私が引け目を感じてしまったら桔梗さんに失礼だ。」と言う。

にこっと笑う伊吹。

一方警察官舎では

志摩の待つ部屋に桔梗が帰宅。

「志摩~?ごめんね、ゆたかがわがまま言って留守番なんてさせちゃって。」と言いながら入ってくる。

桔梗はキッチンにいる志摩に向かって「何してんの?」と言うと、志摩は「腹が減るから…木曽うどん」と言いうどんをつくっていた。

2人でうどんを食べつつ、「しみる…」と桔梗。

「定年退職したらうどん屋やれば?」という桔梗に吹き出す志摩。

「店名は4木曽うどん?」などと談笑し和やかなムード。

あることないこと笑っちゃうよねなどとSNS炎上の一件の話題になり、「真昼間の街中で警察が自作自演で爆弾落とすなんてちょっと考えたらあり得ない話、あの伊吹ですら分かるのに」と言う志摩。

桔梗は伊吹ですらあり得ないと分かる話なのにと憤慨しながら、

・何なの?バカなの?
・「顔で隊長になった」の次は「幹部と寝て出世して隊長になった」
・ゆたかの父親もその「幹部」なんだってさ

とぼやく。

さらに桔梗は
・ふざけんなっつーの
・働いてんだよこっちは
・古臭い男社会の中でめげずにきっちりやってきた人の努力を何だと思ってんだ
・バカなの?
・ゆたかの父親まで勝手に変えるな
・悔しい
と言いながら半べそ状態。

黙り込む志摩。

うどんが冷めちゃうから食べなきゃ…という桔梗に志摩は冷めてもうまいのが木曽うどんと解説。

じゃあ、いっか…。と桔梗。

その頃の九重と陣馬

陣馬行きつけの居酒屋にて泥酔気味の九重。

・親父は自分が機捜に入ってみたかったから俺を機捜に入れた
・勝手に入れ込んどいて今度は勝手に外した
・誰の人生じゃとおもっとーてね!怒

それに対して陣馬はうんうんと聞きながら、九重の父親の気持ちもわかると話す。

・4機捜はいつ解体されるか分からない
・その前に戻した方が経歴に傷がつかない

という陣馬に対して鼻で笑う九重は納得のいかない顔。

陣馬は、
・お前は俺たちみたいな兵隊とは違う
・悪く捉えるな
・その分お前は俺らと違うことができる
・それがいずれ俺たち兵隊を助ける

それを聞いて考え込む九重。

「俺って…うんざりするほど恵まれてますよね。」と言う。

ふたたび桔梗と志摩

捜査一課で一緒だったのはもう10年前と話す志摩。

酒を飲み明かしながら、当時の桔梗はいつの間にか彼氏つくっていて驚いた…あるときいきなり桔梗が産休ですよと言われてさらに驚き、あっという間にお母さんになって警察署長になって機捜の隊長になって電光石火、しかもハムちゃんまで助けてる…と話す志摩。

諸々「すげー」という志摩に

どれもこれも私一人で成し遂げたわけではない、ハムちゃんゆたかに助けられたし隊員のみんなにも…と桔梗は話す。

桔梗は今回の爆破事件で隊員を守れなかったことで自分を責めていたが、志摩はあれは誰にも予測できなかったと反論。

手段を選ばない相手とどう戦えばいいのか?

桔梗の問いに志摩は、警察は弱いものを守りながらどこまでも正しく清廉潔白でなくてはならない…と話す。

それを聞きながら、志摩のことをじっと見つめる桔梗。

それに気づく志摩…。

そのころ伊吹とゆたかは

「悪い奴なんてぶっ殺しちゃえばいいよ!」と笑顔で言うゆたか。

伊吹は「ぶっ殺すなんて言葉どこで覚えたんだよ~。ま、俺も昔はそう思ってた。」とゆたかに笑いかけながら話す。

「だけどな、法律ってルールがあって俺たちはそれを守んなきゃいけない」と話す伊吹。

ゆたかは「悪い奴はルールを守らないんでしょ?ずるだよ!」という。

伊吹はゆたかを座らせて「それでも、ルールは守らなきゃいけないっていつも志摩が言ってる。」と話す。

「じゃないと、正義のはずが、不正義になるんだって。」と伊吹。

「フセイギ?」とゆたか。

「正しくないってこと。」と返す伊吹。

と、突然苦しみだしたふりをしながら伊吹は「正義って…すんげー弱いのかもしれないな…」と言う。

ゆたかは「弱くちゃダメじゃん」と返す。

「いたいとこつくなぁ、弱いから大切にしてみんなで応援しないと消えて無くなっちまうのかもしれないな」と伊吹。

その頃の九重と陣馬

九重は酔いつぶれて座敷席で寝てしまっていた。

陣馬は組体の高官?と酒を飲みながら何やら情報交換中。

まだドーナツEPの出所つかめてないのかと不満げな陣馬に対して、組体高官は、

・辰井組が使っていたシャブの改良ルートにもドーナツEPは含まれていなかった
・未だに一度も税関で挙げられていない
・なのに国内でこれだけ出回っている
・国内に工場がある?

その話をしながら陣馬は成川を聴取した時の事を思い出していた。

成川は
・「65」というところにエトリの会社か工場があると誰かが言っていた
・大田区の方
と言っていて、陣馬は何やら考えていた…。

翌朝

官舎から出てくる志摩。

しばらくトボトボと歩いていくと、まるごとメロンパン号で待つ伊吹の姿が。

「あ、おは~♪」と笑顔の伊吹。

「あれ?志摩の家あっちじゃなかった?こっちはうちの分駐所~。」と自宅とは反対方向に歩いてきた志摩をからかう伊吹。

「この状況で帰って休めって言われてもなあ」と言う志摩に「気が合うね~」と返す伊吹。

なんだかんだまるごとメロンパン号に乗り込んだ志摩にニヤニヤしながら伊吹は「分駐所に行く前にひとつ聞いていい?」と。

しかしかぶせ気味に「ダメだ、聞くな」という志摩。

「隊長ときゃっきゃうふふしたのか?」と言う伊吹に「きゃっきゃもうふふもしてねー!」と全力否定する志摩。

あの後結局、泥酔し泣きながら亡くなった旦那さんの写真を志摩に見せてきて、遺影に向かって真面目対応を迫られる志摩…。結局桔梗は旦那さんの写真にひたすら話しかけていて、そのまま寝たら朝だったとのこと…。

それを聞いた伊吹は「お前イケメン!」「みなさんここにイケメンがいますよー!」と叫びだす。

「素敵♡」という伊吹に「死んだ奴には勝てねーよ」と志摩…。

…とエンジンをかけて走り出すまるごとメロンパン号。

陣馬はその頃

大田区近辺の工場を調べたいとあちこち動いていた。

駐在所でパトロールのついでに調べてもらえることになり笑顔の陣馬。

分駐所では

伊吹と志摩はシャワーを浴びたあと。

・会社やビルがのきなみ久住の資産でも名義は別人で久住につながる証拠が見つからずたどり着けない
・似顔絵は成川の証言から明日つくる

「のんびりしてんな~」と伊吹。

・携帯は成川のも久住のも暴力団が店ごと買い取った携帯ショップからの横流しされたSIMカードで使用者はたどれない

それを聞いて本人を探すしかないと動きだそうとする伊吹に「どこ行くんだ?」と止める志摩。

志摩いわく「池袋を調べに行くという伊吹にもう久住は池袋を離れたし自分たちは待機を命じられているから勝手にほっつき歩くのはNG」と言うも伊吹は「待機が一番嫌いなの!」とイライラ。

しらみつぶしにあたる陣馬

大田区周辺の工場を片っぱしからあたる陣馬。

久住の元に連絡が…

「おまわり?なんで急に?」と電話の相手に話す久住。

工場の担当者は「分かりません。作っているモノを見せてほしいって言われていて…。クリーンルームだから入れないって断りはしたんですけど…。」とのこと。

そこには昼間陣馬が頼み込んだ巡査がきていた。

ドーナツEPではなく、別のサプリメントを差し出されたものを確認する巡査。

それを聞いた久住は、「その工場を今晩中にたたみましょうか」と指示する…。

ふたたび分駐所

「なんでだよ!」とイラつく伊吹。

捜査に行きたい伊吹VS何かあって責任問題になったらどうするという志摩。

のっぴきならない事情でもない限り…という志摩に、「のっぴこうぜ~♪」と伊吹。

と、そこへ志摩の携帯が鳴る。

出てみると…のっぴきならない事態だった!

REC自宅へ

電話の相手はRECだった。

RECは
・警察が嘘をついているのか情報源の浜田さんが嘘をついているのか自分には判断がつかない
・だから浜田さんを引っ張り出す
とのこと。

「(本当に浜田のことを)呼び出せるの?」という伊吹に、RECは
・前に直接は会わないと言われている
・だから話さざるを得ない状況をつくる
と考えを話す。

RECから久住へ連絡

某所にて食事をとる久住。そこへメールが入る。

RECから緊急の相談として連絡が来たのだった。

・30分後に警察がくる
・至急相談したい
・時間もなく込み入った内容なので通話でお願いします
との内容。

志摩は「電話?(前に断られたんじゃないの?)」と言うと、ネット上のビデオ会議のプラットフォームを利用するとREC。

これなら身元を明かさずやり取り可能とのこと。うさんくさいという伊吹だったが、REC曰く相手に知識があれば乗ってくる、安全だと知っているから。とのこと。

そのメールを見た久住は、「しゃーないのう」と別のPCを取り出す。

RECのもとへ浜田(=久住)から連絡が入った…!

RECの両脇でそれを見守る伊吹と志摩…。

REC・浜田との通話会議開始

RECのPC画面上に「浜田」の文字が映し出される。

自己紹介をし、おかげさまで動画配信で食べていけるようになったことをお礼するREC。

対し、警察が来るというのは?と浜田。

久住は音声をボイスチェンジャーで変えている模様。

REC「例の動画の件でC4爆弾が警察の押収物だったという情報の出所を聞きたいと…もちろん浜田さんのことは言わないし、もらったファイルも見せません。代わりに情報の担保が欲しい。もし流した情報に誤りがあれば罪に問われるのは私(=REC)です。」

浜田「今頃気づいたんですか?」

RECは動揺する。

REC「とにかく、浜田さんの情報が正しいという証拠を…ソースを示してほしいんです。」と食い下がる。

浜田「有力な筋からの情報です。出どころは言えません。」

志摩はRECの横で何やらメモして渡し、口パクで「読んで」と指示。

REC「(志摩のメモを読む)浜田さんの情報だと爆弾はC4爆弾とのことでしたが、実際はゼリグナイトだったそうです…。」

浜田「は?ゼリグナイトであれほどの威力は出ませんよ。」

REC「(志摩のメモを読む)1.5倍量のゼリグナイトを使えば可能だそうです。」

浜田「どこからの情報ですか?」

REC「(志摩のメモを読む)知り合いの自衛隊員です。」

浜田「(にやりとしながら)私を騙そうとしても無駄です。使われたのはC4爆弾間違いない。」

伊吹と志摩は緊張した表情。

その時久住のスマホが鳴る…。

浜田「(着信に応じるため)少しお待ちください」

通話音声を一旦遮断し、電話に出るとドーナツEP工場長からで「すぐ近くの交差点で検問をやっているがどうしたらいいか?どうやら朝まで動かないらしい」との相談電話だった。

その電話する工場長の後ろではドーナツEPをトラックに積み込む従業員たち…。

久住は、「検問?ついてへんなぁ…どないしようか。」

その間RECと伊吹志摩は

志摩の見解によると
・爆弾についてC4で間違いないと言う浜田の言葉にこれだけ自信をもって言えるのは犯人だから
・警察は残留物を分析中…。
とのこと。

ほどなくして浜田(久住)は席に戻り「すみません急用ができました、ここらで失礼します。」と通話を切ろうとする。

それを聞いた3人はどうにかして時間稼ぎしようとする。

RECはこれから来る警察になんて言ったらいいか?と聞くが、

浜田(久住)は「くどいなぁ」とひと言。

「底辺ナウチューバーが。俺を怒らせてもなんも得なことあらへんで。あんまりやかましいとまた爆弾落とすで?」と脅してくる。

固まるREC。

浜田(久住)は続けて「そや、そうしよう。それで万事解決や。あんたのせいやで、あんたと…あんたらの…!」

伊吹と志摩は異変に気付く!

浜田(久住)「そう、あんたら…おまわりわんわんが2匹!見えとるで~ぜーんぶ。見えとる。」

なんと!RECのPCは久住にすべて乗っ取られており、カメラ越しに伊吹と志摩の姿もバッチリうつっていたのだった…!!!

久住は続けて「昨日もきとった2人やなぁ。確か…MIU、404。」

それを聞いた伊吹は「どういうことだよ??」とRECに問う。

RECは動揺し「…分かりません、分かりません!」と言う。

…とその時ハッとなったREC、浜田から受け取ったメールに添付されていたファイルを開いたことを思い出した!あれでPCごと乗っ取られた…!?と気付いたのだった。

志摩はそれを聞いて「ばれているなら話が早い。」と久住に対してカメラ越しに自首を促す。

久住はドローンの操縦記録も残っていないし軌道もたどれないはず、何の証拠も残っていないと言う。

志摩は人間がやったことは必ず証拠が残ると言うが、久住はそれならば自分は人間ではないんかなぁと返す。

「人間やないものを裁くのは無理やな」と言う久住に「調子乗ってんじゃねーぞ人殺しが、安全なところから人を操って人の人生ぶっ壊して、楽しいか???」と怒り心頭の伊吹。

久住は笑いながら「だから言うてるやん、人間やないんやから。人間がどうなろうがどうでもええねん。」と反論。

志摩はどんな屁理屈こねようがお前は人間なのだから人間のルールにのっとって裁かれると返す。

久住はそれを聞いて「どうやって裁かれるん?自分ら俺の顔も名前も居場所も分からへんやろ…。」と余裕の顔。

それを聞いた伊吹は「俺は、お前の正体知ってるぞ!」と言う。

「え?」という表情の久住に対し、「メケメケフェレット!!!」と言う伊吹…。

思わずググる久住、だったがフェレットが検索されるのみで「おらんやん!」と突っ込む。

・・・と伊吹の表情が一瞬にして変わる!

久住は「ともかく今晩の予定がつまっとるあんたらの茶番につきあうヒマはない」と言いながら伊吹志摩の表情をカメラ越しに確認。

…と、画面から外れた伊吹と志摩が何やらごそごそ動くのが見えた。

RECの別PCからも2人の表情を確認できる久住。

伊吹は何やら自分のスマホにメモして無言で志摩に見せていた。

それを怪訝に思い、解析する久住。

そこには「カレーうどんの汁こぼして、女の子に太郎があやまった」と書いてあった。

さらに映像を巻き戻して伊吹のメモを解析する久住。

そこには「出前太郎がきてる」の文字…。

久住は振り返る。と、そこに出前太郎がきていた。

「うそやん」と久住…!

糸巻からの連絡

出前太郎と連絡がつき、カレーうどん2人前を配達した場所が特定できたとのこと。

・中目黒のシェアオフィス
・店の名前は「UFO」
・住所は中目黒6-18-21

飛び出してまるごとメロンパン号に乗り込む2人!

現場までは10分ちょっとで到着できる!と意気込む!

その時久住は…

渋谷から中目黒までちょうど10分、ちょうどええか…と余裕の表情。

なにやらPCを操作しているも、RECとの通話は継続中。

「逮捕されろ、報いだ」というRECに「何調子ぶっこいてんねん」とにやつく久住。

一部始終を聞きながら現場へ急行する伊吹志摩…!

久住はRECへ「あんたのケツごっつい火ついとんで~」と言う。

RECの意に反して勝手にメールが作成されてしまう!動揺するREC…!

それを聞いている伊吹と志摩も動揺する!

久住は「言うたやろ、あんたらのせいで爆弾落としたくなった。あんた(=REC)はなぁ、東京を破壊したテロリストになるんや…!人気ナウチューバーどころやない、世界一の有名人や!」と言いながらあっという間に爆弾投下予告のメールと動画をRECの名義で送信してしまう!!!

「やめろ…やめろ!!!」と慌てるREC!!!

異変に気付いた伊吹と志摩はRECに呼びかける!

警察庁では

九重親子が話し中。

父を前にして、自分を4機捜から外したことに不満をあらわにする九重だったがそこへ電話がかかってくる。

出てもいいかという父に渋々承諾し、ソファに座り込む。

父親のリアクションからただ事ではない雰囲気を察知する。

「23時…あと3分??」と九重父。慌てて電話を切り替えて長官に連絡を取っていた。

九重父は「たった今警察庁刑事局と警視庁宛に爆弾テロを予告するメールが入りました」と!

思わず立ち上がる九重…!

「先日港区で起こしたのと同じC4爆弾を都内12か所に落とす、時間は23時、動画には10台以上のドローンが飛び立つ様子が…!」と九重父は報告!

目を閉じて、イヤホンを投げ捨てる久住…。

都内各所では相次いで爆弾が投下され爆発している!

110番通報が相次ぎ、警視庁は大騒ぎパニック!!!

SNSでも爆弾テロに関するつぶやきがものすごい勢いであげられている!!!

この大パニックを目の当たりにし「あのやろーほんとにやりやがった!!!」と怒り心頭の伊吹!

「目的地まであと5分!」と志摩!!

RECの乗っ取られたPCではテロの動画が拡散され、都内で爆弾テロ勃発の文字!!

何をどうしても自分の思う通りに動かず勝手に拡散を続けてしまうPCを前にして愕然とするREC…!!

警視庁では捜査本部が置かれて緊急車両が続々と現場へ急行していく!!!

その様子を見ていた糸巻は…!

「何が起きてるんだ…???」と混乱しながらも確認作業にあたる糸巻!

と、あるSNS上に上がっているニュース速報動画を見てある異変に気付く!

メロンパン号は

久住の居所へ急行していた伊吹志摩だったが、すぐ近くの病院が爆破されたという通報を聞いて悔しさをにじませる!

T字路にさしかかり、一旦停止するメロンパン号!!

右に行けば久住、左に行けば爆破現場の病院…!どうする?どうする?迷う伊吹と志摩…!

伊吹は「なぁ志摩ちゃん…死んだ奴には勝てないって言ってたけど、それ違うよ…生きてりゃ何回でも勝つチャンスがある!!な??」と言う。

それを聞いた志摩は「了解!相棒」と言ってメロンパン号を左(=病院)へと走らせた!

そのパニックの様子を横目にフラフラと外を歩く久住…。

「せーぎのみかたはつらいの~」とへらへら。

PCを乗っ取られたREC

RECはなにもかも乗っ取られてしまい呆然自失。

RECのSNSアカウントでは「テロ実行犯はメロンパンの車に偽装」と勝手に打ち込まれ拡散されていた…!

トレンドには「#新宿 #テロ #歌舞伎町 #爆発」などの言葉が並ぶ…。

爆破された病院へ到着したが…?

爆破された北目黒の病院現場へ到着した伊吹と志摩だったが…???

外に出てみると…病院は…爆破された形跡がない!!!?

呆然とする伊吹…。

「やられた・・・!!」と志摩。

慌てふためく糸巻!

糸巻は慌てふためきながら桔梗隊長のもとへダッシュする!!

・ネットに上がっているニュース速報の映像はフェイク
・時刻表示を消して嘘の速報テロップを載せていた
・おそらく入ってきている110番通報もすべて虚偽の通報と考えられる

とのこと、呆然とする隊長たち…!!!

伊吹と志摩は、しばし呆然ののち「行くぞ!!」とメロンパン号に乗り込む!伊吹は大混乱「どういうことだよ!!!??」と志摩に聞く。

志摩は「テロは現実には起きていない、存在しない!」

それを聞いた伊吹は半泣きになりながら「ふざけんなよぉぉぉぉぉ!!!」と叫び走る!

久住は工場長に電話

検問が解除されたという連絡をして、工場長はトラックを動かす。

「株式会社ビオクリア」とかかれたトラック…。

「はいたのんます~」と歩きながら電話を切る久住。

伊吹は本部へ連絡し、「北目黒の病院爆破は確認できず、犯人は港区の事件と同一人物でそいつによるかく乱、容疑者は20代男、通称久住、見た目の特徴は…わっかんねぇぇよ!!!くそおおお!!」と叫ぶ!!

すると、メロンパン号を見た通行人が一斉にカメラで自分たちを撮影していることに気付く…。

志摩は「何が起きている…?」とひと言。

SNS上にはメロンパン号の動向が逐一アップされ、それを久住は「はぁ~便利やなぁ。」と眺める。

そして、その善意の拡散を利用してするすると逃げてしまう久住…。

そのとき陣馬は

工場からトラックが出てきて、門が開く。

一緒に来ていた巡査に声をかけられ、トラックの前に立ちふさがり「とまれ!警察だ!!」と声をかけるもトラックはとまらない…!!!

…なおもSNS上ではメロンパン号の動向追跡がやむことは無かった…。

そして、のうのうと歩いて逃げ行く久住…。

険しい表情の伊吹志摩…。

華子の感想

久住の本領発揮!

警視庁警察庁機捜含め警察関係者が一斉に踊らされてしまう回でしたね!!

RECの呆然とする表情と対照的に久住ののうのうと歩いて逃げ行く姿が印象的でした…。

実際にあんな乗っ取り行為は出来てしまうのでしょうか・・・もしも本当にあそこまでやられてしまったらと思うと気持ちがゾッとします。

さらには久住の目的っていったい何なのでしょうね?

最終回は15分拡大版で放送されるとのこと、終わってほしくないけど結末も見たい!4機捜それぞれメンバーはどうなってしまうのか???

そして久住を捕まえることは出来るのでしょうか??

次回も必見!絶対見逃せません!!!

「MIU404」前回 9話・或る一人の死 のあらすじ

桔梗の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展していく。

伊吹と志摩たちのところへ、虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入ってきた。

成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重が捜査を志願する。

そして、陣馬と共に成川を捜し出そうとするがしかし…!

一方、当の成川は久住の世話になりながら、ナウチューバ―・RECに接触する。

RECへ賞金一千万がかけられた羽野麦の捜索を依頼するのがねらいだった。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯がエトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが判明する。

そして、関係各所への一斉ガサ入れが決行されることに…。

「MIU404」11話最終回・【 】の予想・展開

久住による同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクだった…。

さんざん踊らされた警察組織だったが、まもなくその大混乱も収束へと向かう。

伊吹・志摩は、久住によって「犯人が乗っている」とネット上で拡散されてしまったメロンパン号(=機捜車両404)での密行が出来なくなっていた。

そのため別車両で密行していたが、その車中で伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及する。

それが結果的に2人の関係に歪が生じてギクシャクしてしまうことに…。

一方、久住が指示したドーナツEP製造元のトラックにひき逃げされた陣馬。

陣馬は爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまっていた…。

志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責める。

九重も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やむ。

桔梗隊長は班長としての責任を痛感している。

それぞれが無力感にかられているのだった。

おまけに、依然として久住の行方は掴めないまま…。

そのとき伊吹は…?

伊吹志摩たち4機捜はこのまま久住を取り逃がして、空中分解してしまうのだろうか??

さいごに

「MIU404」を見逃してしまった!!どうしよう!

そんなあなたも大丈夫です!

※TBSオンデマンド・TVerでは、注目番組の最新話を無料配信中!見逃した方も放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

Paraviでは「MIU404」をまとめてイッキ見できます!新規登録で14日間会費無料でお得です!!

さらにU-NEXTならTBSドラマの見逃し配信も毎月付与される1200ポイントを使って見放題で視聴可能なんです!!

さっそく見てみる→ 【U-NEXT31日間無料トライアル中!】

U-NEXTの基本情報

  • 月額料 2,189(税込)
  • 無料期間 31日間無料トライアル中!
  • 配信動画数 約170,000本
  • 強いジャンル 全ジャンル充実(特にアニメ・韓流ドラマ・ファミリーキッズ向け番組)
  • TBSドラマは、毎月付与される1200ポイントを使って見放題で視聴可能!!

 →【U-NEXT31日間無料トライアル中!】

TBSドラマの見逃し配信はU-NEXTで♪

主演の二人、綾野剛さん星野源さんの過去作品ドラマ「コウノドリ」や「逃げ恥」、人気ドラマ「アンナチュラル」も見られますよ✨

\TBS作品楽しむなら(31日間無料トライアル中)こちら!/

【TBSドラマ見逃し配信】はU-NEXTで!

U-NEXT

※TBSオンデマンド・TVerでは、注目番組の最新話を無料配信中!見逃した方も放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

Paraviでは「MIU404」をまとめてイッキ見できます!新規登録で14日間会費無料でお得です!!

 

ABOUT ME
華子
華子です。フツウの平凡な主婦、在宅で稼ぐ。 めざすは子育てしながら在宅で仕事をして経済的に豊かになること。日々できることをできる限りしています。猫が好き。花が好き。最近はテレビドラマを見逃し配信で見るのが楽しみ。